調剤薬局佐賀県の概要


調剤薬局ではは医師の処方箋にもとづいて薬剤師が薬を調合します。
患者さんに安全に、安心して服用できるようにお薬について飲み方
や使い方を説明したり、相談に応じたりする薬局をさします。
以前は薬は病院や診療所で調合し受け取っていました。現在では
病院や診療所が処方箋を発行します。薬の調合や受取はは調剤薬局
でおこなうのが主流になってきました。

医薬分業といわれています。厚生労働省が推進してきました。医薬
分業は医師と薬剤師のそれぞれの専門分野で業務分担することをさ
します。安全で効果的な薬物療法を行うことを目的としています。
調剤薬局では患者さんごとに薬歴を作成します。重複投与や飲み合
わせで副作用は出ていないかなどをチェックしています。

調剤を行う薬局では、日本全国どこの病院の処方箋でも調剤する
ことが出来ます。かかりつけの薬局を決めておくことでより安全
にお薬を飲むことができるようになるでしょう。自宅の近くに薬局
がなかった場合でかかりつけの薬局を作ることが出来ない時には
お薬手帳をお持ちになることをすすめられています。

お薬手帳は患者さんが服用した薬の名称や用量・経験した副作用
を記録するための手帳です。お薬手帳にはお薬豆知識やお薬を飲ん
で気になったことが書き込めるメモ記録欄などがあります。お薬
手帳を持つことで交通事故や自然災害などで緊急に治療が必要に
なった場合に飲んでいる薬が分かります。そのため的確な処置・
治療を受けられるようになります。

調剤薬局事務通信講座比較の記事はこちら

調剤薬局@愛媛シティ発見 - 福島シティ発見 - 調剤薬局@栃木シティ発見 - 青森シティ発見 - 調剤薬局@山形シティ発見 - 調剤薬局@滋賀シティぶら - 奈良シティぶら - 調剤薬局@長崎シティぶら - 沖縄シティぶら - 岡山シティぶら -

調剤薬局事務試験は、調剤薬局で事務おこなう人の資格の認定をお こなうための試験をさします。 調剤薬局でおこなわれる事務は、 一般事務と異なり健康保険の診療報酬明細書の作成が中心となって います。 調剤薬局事務試験はこれらの事務の専門的知識などを試験し、資格 をあたえるものとされています。 調剤薬局事務試験はつぎの種類があります。 1)調剤報酬請求事務専門士検定試験 2)調剤事務管理士 技能認定試験 3)調剤情報実務能力認定試験 保険診療によって発行された処方箋にもとづき調剤業務を行うこと が出来る薬局のことを保険薬局といいます。 調剤を行う保険薬局や保険薬剤師も厚生大臣に申請し、許可をとる 必要があります。保険薬局は患者さんひとりひとりに合った調剤が できます。いくつかの病院や診療所にかかていたり1つの病院で 2つ以上の科目にかかっていた場合、それぞれのお医者さんから 薬が処方されます。それぞれのお医者さんは他でどのような薬が でているか分かりません。薬の組み合わせで副作用が起こる危険性 があります。患者さんに出す薬を調剤薬局でまとめて渡すことに なっていれば、それぞれどんなお薬が出されているかがわかるので リスクがすくなくなります。このような理由もあって保険薬局が 普及しています。 調剤薬局事務の試験は、調剤薬局の事務に必要な専門知識をもって いるか?を問う形式で出題されます。 調剤薬局事務の資格は、か ならず必要な資格ではありません。資格がないと調剤薬局に従事で きないものではありません。 しかし調剤薬局事務は専門性が高い ため資格があると有利であるといえるでしょう。
調剤薬局事務試験の試験日程は試験の実施団体により異なります。 おもな実施団体別の試験日程はつぎのようになります。 1)調剤報酬請求事務専門士検定試験   受験時期12月初旬 2)調剤事務管理士 技能認定試験   奇数月の第4土曜日(年6回実施) 3)調剤情報実務能力認定試験   3月・7月・9月・12月(年4回) 調剤報酬請求事務専門士検定試験は1級・2級・3級があります。 試験会場は北海道・東北・北陸・上越・関東・中部・阪神・ 中国・九州など全国9地区でおこなわれます。1級・2級・3級とも に学科60分と実技60分がおこなわれます。2・3級はNTT回線を利用 したFAX受験が可能となっています。複数級の受験はできません。 調剤事務管理士 技能認定試験は日本医療事務センターの指定会場 と受験申請のあった専門学校・各種学校でおこなわれます。試験 時間実技・学科をあわせて2時間 です。 調剤情報実務能力認定試験は在宅試験でおこなわれます。この試験 では複数級の受験はできません。

調剤薬局@佐賀県カテゴリー別まちかどデスク- 地域情報


佐賀県伊万里市 - 調剤薬局@佐賀市 - 鳥栖市





ゼロからはじめる英会話